日立ハイテクトップページへ 分析装置・臨床検査装置・電子顕微鏡
ヘッダをスキップ 日立ハイテクトップページへ分析装置・臨床検査装置・電子顕微鏡 日立ハイテクトップページへ日立ハイテクグローバルサイトへ
日立製作所トップページへ
  |  ホーム  |    製品情報  |  アプリケーション  |  テクニカルサポート  |  展示会・セミナー  |  お問い合わせ  |グローバルナビゲーョンここまで

 会員制サービス   拠点紹介    サイトマップ   English 音声読み上げ・文字拡大 音声読み上げ・文字拡大    

ここからブレッド・クラム ホーム > 製品情報 > その他分析装置(ガスバリア試験装置他) > 全有機炭素測定装置

平沼全有機炭素測定装置 TOC-2300


平沼全有機炭素測定装置 TOC-2300 高感度、低価格、低ランニングコストを実現!
好評の「光触媒酸化チタン酸化法」によるTOC測定装置がフルモデルチェンジにて登場です。


価格: 2,800,000円〜

 特長  仕様
 情報広場(話題の分析例など)  
 導入事例(東邦大学様 全有機炭素測定装置 TOC-2300)

特長


 
  • IC/TOC逐次測定法で正確かつ高効率
    TOC測定の正確性はIC(無機炭素)の処理に大きく影響します。
    TOC-2300は、ICとTOCを1回の試料注入で連続的に測定するため、ICに起因するTOCの測定誤差を極力抑えることができます。

  • 高感度を実現
    定量下限値10ppbを達成。今までの約10倍の高感度化を実現しました(当社比)。
    日本薬局方規定の50ppbもクリアしています。


  • 優れた経済性、メンテナンス性
    高価な白金触媒や高純度空気が不要です。
    また酸化剤も使わず、有害な廃液を排出しません。
 

仕様


 
項目 内容
酸化方式 光触媒酸化チタン酸化方式
検出方式 非分散赤外吸収方式(NDIR)
測定項目 TOC、TC、TIC
試料採取量 0.1〜5 mL
測定範囲 10 ppb〜500 ppm
精度 CV 2%以内(1 ppmの測定において)
測定所要時間 5〜15分/1分析(濃度に依存)
電源 AC100V 50/60Hz 約150VA
大きさ・重さ 230(W)×420(D)×530(H)(mm)、約17kg
 

  平沼製品は、据付費が必要となる機種もあります。詳細は、別途お問い合わせください。  
  価格・外観写真は、製品の仕様や構成により異なります  
  価格には、消費税額等は含まれておりません  

 
 お客さまの分析をサポートする会員制サイト「S.I.navi(エスアイナビ)」
アプリケーション / カタログ / 部品・消耗品 / 技術解説などがご覧になれます。
 

同じカテゴリの製品を見る 他のカテゴリの製品を見る 現在のカタログ請求を見る
ページトップへ
検索 by google

 > 詳細な検索
分光分析装置(UV-Vis/NIR、FL他)
ここから1つ下の階層
原子吸光分析装置(AA)

発光分光分析装置(ICP)

液体クロマトグラフ(HPLC、アミノ酸分析計他)

臨床検査用装置

質量分析装置(LC-MS、GC-MS他)

電子顕微鏡(SEM/TEM/STEM)

集束イオンビーム(FIB/FIB-SEM)

走査型プローブ顕微鏡(SPM)
ここから1つ下の階層
電子顕微鏡周辺装置

電磁気分析装置(XRF、膜厚測定装置、NMR他)

熱分析装置・粘弾性装置

電気化学分析装置(滴定、水質、水分測定他)

その他分析装置(ガスバリア試験装置他)
ここから1つ下の階層
ガスバリア試験装置
ここから1つ下の階層
水銀測定装置
ここから1つ下の階層
全有機炭素測定装置
ここから1つ下の階層
予算申請用/研究分野別カタログ


  |  サイトの利用条件  |  個人情報保護について  |
株式会社日立ハイテクノロジーズトップページへ
All Rights Reserved Copyright (C)  2001, 2014. Hitachi High-Technologies Corporation.
株式会社日立ハイテクノロジーズトップページへ
All Rights Reserved Copyright (C)  2001, 2014. Hitachi High-Technologies Corporation.