日立ハイテクトップページへ 分析装置・臨床検査装置・電子顕微鏡
ヘッダをスキップ 日立ハイテクトップページへ分析装置・臨床検査装置・電子顕微鏡 日立ハイテクトップページへ日立ハイテクグローバルサイトへ
日立製作所トップページへ
  |  ホーム  |    製品情報  |  アプリケーション  |  テクニカルサポート  |  展示会・セミナー  |  お問い合わせ  |グローバルナビゲーョンここまで

 会員制サービス   拠点紹介    サイトマップ   English 音声読み上げ・文字拡大 音声読み上げ・文字拡大    

ここからブレッド・クラム ホーム > 製品情報 > 液体クロマトグラフ(HPLC、アミノ酸分析計他) > 高速液体クロマトグラフ(HPLC)

高速液体クロマトグラフ Chromaster
〜2,4-DNPH誘導体化アルデヒド類の分析〜


 Chromaster 製品情報
  家の建材や内装等から放散する化学物質で汚染された空気が、人体にさまざまな健康障害をもたらし、シックハウス症候群として問題となっています。それに伴い日本では、2002年から2003年にかけて文部科学省、国土交通省、厚生労働省で、ホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)などの化学物質の測定が義務付けられました。また、2009年3月1日より、ホルムアルデヒドを製造、また取り扱う作業全般について、作業環境測定管理濃度が定められました。
UV検出ではアルデヒド類を高感度に検出することができないため、大気中のアルデヒドを捕集管で捕集し、2,4-ジニトロフェニル-ヒドラゾン(DNPH)を用いて誘導体化*1した後、溶媒抽出した試料をHPLCで測定します。

以下に2,4-DNPH誘導体化アルデヒド類の分析例についてご紹介します。
 
 
 
  *1:2,4-DNPH誘導体化(例)
2,4-DNPH含浸シリカゲルを充填した捕集管に大気を吸引することにより、アルデヒド類が誘導体化されます。生成されたDNPH化アルデヒドをアセトニトリルで溶出させて、注入試料とします。
 
  大気中アルデヒド類の捕集方法  
  図1.大気中アルデヒド類の捕集方法  

2,4-DNPH誘導化アルデヒド類の分析


  標準試料:
  1. ホルムアルデヒド-DNPH
  2. アセトアルデヒド-DNPH
  3. アセトン-DNPH
  4. プロピオンアルデヒド-DNPH
  5. クロトンアルデヒド-DNPH
  6. イソブチルアルデヒド-DNPH
  7. ベンズアルデヒド-DNPH
  8. n-バレルアルデヒド-DNPH
 
  アセトニトリルで調製し、随時希釈して使用
 

  分析条件:  
 
カラム HITACHI LaChrom C18(5 µm)(4.6 mmI.D.×150 mm)
溶離液 CH3CN/H2O = 60/40(v/v)
流量 1.0 mL/min
カラム温度 40 ℃
検出 DAD 360 nm
注入量 10 µL
 

  装置構成:
 5110 ポンプ
 5210 オートサンプラ
 5310 カラムオーブン
 5430 ダイオードアレイ検出器
 Empower2 データ処理システム

  標準試料測定例:  
  2,4-DNPH誘導体化アルデヒド類のクロマトグラム(濃度 各0.5 mg/L)  
  2,4-DNPH誘導体化アルデヒド類のクロマトグラム(濃度 各0.5 mg/L)  

  結果:
試料溶液中ホルムアルデヒド濃度0.07 mg/L(0.07 ppm)は、大気中濃度0.02 µg/m3相当を、図1の方法により、吸引ポンプ1 L/minで、30分間吸引捕集後、アセトニトリルで溶出定容(10 mL)した場合の濃度に値します。 厚生労働省のホルムアルデヒドの室内濃度指針値100 µg/m3、労働安全衛生法における管理濃度0.1 ppmに対して十分対応できることがわかります。
 

  PDF 印刷される方はこちらをご覧ください(PDF形式、188KB)  

  注意:本掲載データは測定例を示すもので、性能を保証するものではありません。  
  本製品は研究用です。診断用ではありません。  

関連製品情報
高速液体クロマトグラフ Chromaster  高速液体クロマトグラフ Chromaster
固相前処理カラム/HPLCカラム  固相前処理カラム/HPLCカラム

 
 お客さまの分析をサポートする会員制サイト「S.I.navi(エスアイナビ)」
アプリケーション / カタログ / 部品・消耗品 / 技術解説などがご覧になれます。
 

同じカテゴリの製品を見る 他のカテゴリの製品を見る 現在のカタログ請求を見る
ページトップへ
検索 by google

 > 詳細な検索
分光分析装置(UV-Vis/NIR、FL他)
ここから1つ下の階層
原子吸光分析装置(AA)

発光分光分析装置(ICP)

液体クロマトグラフ(HPLC、アミノ酸分析計他)
ここから1つ下の階層
超高速液体クロマトグラフ(UHPLC)
ここから1つ下の階層
高速液体クロマトグラフ(HPLC)
ここから1つ下の階層
HPLC用システムマネージャー

アミノ酸分析システム
ここから1つ下の階層
固相前処理カラム/HPLCカラム

臨床検査用装置

質量分析装置(LC-MS、GC-MS他)

電子顕微鏡(SEM/TEM/STEM)

集束イオンビーム(FIB/FIB-SEM)

走査型プローブ顕微鏡(SPM)
ここから1つ下の階層
電子顕微鏡周辺装置

電磁気分析装置(XRF、膜厚測定装置、NMR他)

熱分析装置・粘弾性装置

電気化学分析装置(滴定、水質、水分測定他)

その他分析装置(ガスバリア試験装置他)
ここから1つ下の階層
予算申請用/研究分野別カタログ

HPLC 食品分野向けデータ集分析システムのご紹介
HPLC基礎講座のご案内

  |  サイトの利用条件  |  個人情報保護について  |
株式会社日立ハイテクノロジーズトップページへ
All Rights Reserved Copyright (C)  2001, 2014. Hitachi High-Technologies Corporation.
株式会社日立ハイテクノロジーズトップページへ
All Rights Reserved Copyright (C)  2001, 2014. Hitachi High-Technologies Corporation.